水軸アルセウスVSTARデッキの紹介&解説

さぁやってきました!新環境!そのなかでも最も注目されているのは、やはり<アルセウスVSTAR>でしょう。
マルチに活躍することが考えられるアルセウスデッキですが、今回は水軸で組んでみました。
正直かなり強いので是非真似してみてくださいね!

デッキレシピ

デッキコード:yMMy3E-FNvVtF-pypySX

デッキコンセプト

アタッカーは<アルセウスVSTAR>と<スイクンV>。それをメッソンラインでサポートしていくデッキです。簡単ですよね。
<アルセウスVSTAR>や<ジメレオン><インテレオン>で必要パーツを素早く揃えることができるのでかなり強いです。
<アルセウスV>は<ダブルターボエネルギー>1枚で3エネ加速できるので、正直ぶっ壊れと言わざるを得ません。先攻でも後攻でも強いのはありがたいですね。

採用カード解説

アルセウスV・アルセウスVSTAR

<アルセウスV>は技「トリニティチャージ」がかなり重要です。この技は山札からエネルギーを3枚も加速することができる超強力な技なのですが、それがなんと<ダブルターボエネルギー>1枚で使うことができるのです!しかも相手にダメージを与える技ではないので<ダブルターボエネルギー>のデメリットである相手へのダメージ「‐20」の影響を受けません。しかもしかも自分にも加速できるので、次のターンに3エネの技を使うことができます。強い!

<アルセウスVSTAR>は技「トリニティノヴァ」でダメージを与えながらエネルギーを加速することができます。<ダブルターボエネルギー>が付いていたとしても180ダメージ与えることができるのでかなり高火力と言えます。さらに新要素「VSTARパワー」の特性「スターバース」で対戦中1回だけ好きなカードを2枚持ってくることができます。これを使ってもターンが終わったりしないところが強力ですね。

メッソン・ジメレオン・インテレオン

いつも通りの説明ですが、新環境ということで一応説明しておきます。
<メッソン>は技「どんどんよぶ」で増殖できます。<レベルボール>対応。
<ジメレオン>は特性「うらこうさく」で好きなトレーナーズを持ってこれます。<レベルボール>のも対応しているので、最も使い勝手の良いカードと言えます。<メロン>を持ってきてエネ加速にもつなげられますし、ピン刺しのカードにも対応できます。
<インテレオン>は特性「クイックシューター」と「うらこうさく」の2パターンあります。「クイックシューター」は相手にダメージを与え、きぜつのラインを下げることができるので対戦中大活躍します。<インテレオン>の「うらこうさく」は<ジメレオン>とは違ってトレーナーズを2枚持ってこれます

スイクンV

新環境でも大活躍の<スイクンV>。特性で手札補充、技「ブリザードロンド」で高火力攻撃できるイケメンポケモンです。2エネで最大220ダメージ出すことができるので本当つよいですよね。

メロン

ポケモンVに水エネルギーを加速し、そのうえカードを3枚引くことができる強カードです。このデッキは2エネで動くことができるポケモンが多いので、後攻から素早く動くためのキーカードとなっています。

チェレンの気配り

ダメカンが乗っているアルセウスを手札に戻すことが役割です。しかしこれを使うとなるとテンポロスしてしまいます。そのため、かなりピンチの時や<スイクンV>への交換などで使うことをおすすめします。

グッズ採用枚数解説

グッズ採用解説
クイックボールレベルボールとの併用も考えて3枚採用。
レベルボール汎用性は高いが、対応していないポケモンも多く採用しているので3枚採用。
しんかのおこう<ジメレオン>のサーチは最優先事項なので3枚採用。そのほかにも対応しているので使い勝手は良い。
ハイパーボールポケモンならなんでもサーチできるが、手札を2枚トラッシュするというデメリットがあるので、2枚採用。
たっぷりバケツ1枚採用にするか迷ったが、サイド落ちも考えて念のための2枚採用。
回収ネットメッソンラインが入っている時には必須のカード。2枚採用が最もベストであると僕の研究で分かっている。
あなぬけのヒモポケモンいれかえでもよいが、相手を翻弄することができるこのカードに軍配が上がった。そこまで入れ替えを要求しないデッキなので1枚採用。
大きなおまもり<アルセウスVSTAR>の絶妙なHPを底上げするために採用。
ふうせん<スイクンV>はバトル場でしか特性を発動できないので、ふうせんを付けておくと便利というところから1枚採用。

トレーニングコート

トラッシュのエネルギーは<メロン>で加速できるのですが、一応使い勝手がいい上に相手のスタジアムを破壊する役割も兼ね備えているので1枚採用しています。

タイトルとURLをコピーしました