新パック登場で高騰しそうなカードを予想してみた【フュージョンアーツ】

新パック『フュージョンアーツ』が発売されると、環境がガラッと変わりそうです!!
カードの値段は環境の変化によってかなり変動します。
「先週まで300円やったのに1500円になってるやんけ!」
というのが新パック発売の度に起こります。
「できるだけ安い時に買いたい」
という僕を含めた大半のポケカプレイヤーのお財布を救うべく、新パックの登場で高騰しそうなカードを予想していきます。

高騰予想カード

今回は新パックの登場で環境が変わることに加えて、レギュレーションⒸのカードが使えなくなることもチラついてきています。
それらを総合的に考慮して予想しました。

ポケモン

ムゲンダイナVMAX/V

<ミュウVMAX>の登場により、超弱点である<れんげきウーラオスVMAX>が減ることが予想されます。
よって、闘弱点である<ムゲンダイナVMAX>が強くでれる環境になるのでは?という予想です。
また、<フーパV>の登場によって超タイプへの対抗手段を身につけたこともポイントです。

ブラッキーVMAX/V

<ムゲンダイナVMAX>が環境で流行ることから、そのお供として優秀な<ブラッキーVMAX>のラインも値上がりすると予想。

インテレオン

こいつは優秀すぎます。再録されるまで緩やかに値上がりしつづけるでしょう。
「どんどんよぶ」の<メッソン>、「うらこうさく」の<ジメレオン>、「クイックシューター」の<インテレオン>という進化ラインはすべてⒹ,Ⓔのポケモンです。
つまりレギュ落ちの影響が一切ないので、今の入手のしにくさが続けば高騰は仕方がないカードです。

クロバットV

今日の時点(2021/9/30)でだいたい300〜400円の価格帯まで落ち着いています。
<デデンネGX>も一時期はこれくらいの値段で入手できた時もありました。今の値段を考えるとびっくりですよね…笑

もう<デデンネGX>もレギュ落ちを意識するような時期に入ってきました。
それは逆をいうと<クロバットV>の重要性が今後さらに増すということでもあります。
となると…、早く集めておいたほうが良いのは間違いなさそうです。

トレーナーズ

ウッウロボ

拡張パック『フュージョンアーツ』では2枚同時でないと使えないグッズや、1ターン目だけしか使えないグッズが登場しました。
かなり強力な効果ですが、その代わりに使えるタイミングに制約があります。
なので手札で腐りやすいというデメリットがあるのですが、そのときに使えるのが<ウッウロボ>ですね。

また、<ミュウVMAX>デッキ採用されている<ゲノセクトV>の特性でドローする前に、<ウッウロボ>で手札を減らすことで、より多くのカードをドローできるという使い方も有効です
これはコイントスが表か裏かに関わらず強い使い方ですね。

うねりの扇

<ミュウVMAX>に必須級で採用されるのが<ウィークガードエネルギー>です。
それをはがす手段として<うねりの扇>は非常に優秀です。
今後、悪タイプデッキの採用がグンと増えるでしょう。

頂への雪道

とにかく、<ゲノセクトV>の特性がぶっ壊れているので、その対策としての採用が増えると予想。
今後「リセットホール」の<マーシャドー>や<混沌のうねり>がレギュ落ちした後を考えると、<頂への雪道>が効きやすくなるのも1つのポイントです。

混沌のうねり

<ミュウVMAX>デッキの立場での<頂への雪道>対策カードとして採用が増えると予想。
また、おそらく<ミュウVMAX>が環境トップに立つので、<頂への雪道>を採用するデッキが増えます。
しかし、その影響をうけるのは<ミュウVMAX>だけではないので、<ムゲンダイナVMAX>などの<頂への雪道>に弱いデッキも対策が必須になります。
よって、需要が増えると予想しました。

エネルギー

トリプル加速エネルギー

<ノコッチ>の登場によって無色タイプのポケモンの弱点を消すことができるようになりました。
また、サイドを多くとれる効果を持つ<ヨクバリスVMAX>が登場したりと、無色タイプのポテンシャルがかなり底上げされました。
CL京都などの大会で結果を残す無色デッキが登場するのも、それほど遠くないと思います。

パワフル無色エネルギー

<トリプル加速エネルギー>と同じ理由です。

おわりに

新パックの登場で環境が変わるということも重要ですが、そろそろレギュレーション自体が変わることも含めて考える必要がありますね。

今回の予想をみてピンときたものは、自分の直感を信じて集めておきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました