【2022JCS優勝デッキ紹介&解説】レレジギガガガガガガガガガガ…ギガギガフンフンガガガガガガ

ポケモンカードの日本1を決める大会2022JCSが幕張で行われました。レジギガスデッキが優勝するという結果は誰もが予想していなかったことと思います。
それにしても優勝したヤマノ選手のプレイングはものすごかったですね。トラッシュに行っていないレジポケモンで戦ったり、戦略的にすぐに倒しにいかずに耐久する盤面もありました。さらに先攻1ターン目から必要なポケモンを全て揃えてしまうという引きの良さも際立っていました。優勝したヤマノ選手おめでとうございます!
この記事では独自にデッキを解説していこうと思います。

デッキレシピ

デッキコンセプト

レジ○○○を全員ベンチに集合させて<レジギガス>の特性「こだいのえいち」でトラッシュからエネルギーを3枚好きにつけて戦うデッキです。
このデッキの強みは、非エクであること。エネ不足にならないこと。弱点を突きやすいこと。の2点です。弱みは、回すのが難しいことだとおもいます。

採用カード解説

レジギガス

このデッキの親玉です。特性「こだいのえいち」でエネ加速をする古代の叡智を集結した機械ですが、自身もVMAX相手に300ダメージ出せるので、<こだわりベルト>込みで330ダメージ出すことができます。これで<ミュウVMAX>を<オドリドリ>の「ねっけつレッスン」があってもワンパンすることができます

レジドラゴ

特性「りゅうのひほう」によって手札補充ができます。このカードはこの特性をどれほど活かせるかというところがポイントです。普通に攻撃力が高いこともポイントですね。

レジエレキ

配信でも<こだわりベルト>を付けた状態で「テラスパーク」を使うことで、環境ぶっちぎり最強の<パルキアVSTAR>をワンパンしていましたね。相手のベンチポケモンにもダメージを与えられることもポイントです。

レジロック

初代レジの三匹には「レジゲート」という強めの技があります。これによって後攻1ターン目でも強い動きができます。技「ギガインパクト」は弱点で280ダメージまで出すことができるので、環境で多い<アルセウスVSTAR>や<ヒスイゾロアークVSTAR>をワンパンすることができます。

レジアイス

配信では技「ブリザードバインド」で相手の<パルキアVSTAR>を止めてしまい、相手に要求を迫るという最も強い使い方をしていました。現環境では水弱点が少ないので相手を倒すという点では使いづらいですが、ポケカ公式はそこも見込んでいたのか、追加効果がそこそこ強いという存在意義があります。

レジスチル

技「ヘビーボンバー」は相手のにげるエネルギーの数で威力が下がってしまいますが、大会の配信ではにげるエネルギーが1の<インテレオン>を倒すのに使っていました。選手の腕が試される1枚ですね。

ヒスイのヘビーボール

優勝デッキの面白いところは、普通1枚しか使わないこのカードを2枚採用しているというところです。トラッシュにレジ系統が2枚以上行ってしまったときに強いので、なかなかアリな選択肢ですね。トラッシュを手札に加える系のカードには<シャクヤ>がありますが、不確定要素が多い上に、サポート権を使ってしまうので<ヒスイのヘビーボール>2枚の方がよさそうです。

こだわりベルト

<レジギガス>が<ミュウVMAX><レジエレキ>が<パルキアVSTAR><レジロック>が<大きなおまもり>がついた<アルセウスVSTAR>を倒すのに必須です。2枚採用されているのは妥当な枚数といったところです。

シロナの覇気

非エクデッキには必須級のサポートです。前の番に自分のポケモンが気絶していれば手札が8枚になるように引くことができるというのはさすがに強いです。しかし、初手には必要ないカードとなっている上、このデッキはトラッシュにエネルギーが送られることが大切なので、2枚採用くらいが妥当でしょう。

まとめ

見れば見るほど強そう!と、思うかもしれませんが、実際はかなり扱いの難しいデッキになっています。私ツベルギアの友人であり、ポケカ大使館のしゅうしゅうもデッキを組んで使っていましたが、考えることが多くて、回すのが難しそうでした。
しかしこのデッキを従えて優勝まで駆け上がることができたことは本当にすごいと思います。改めてヤマノ選手優勝おめでとうございます!!

タイトルとURLをコピーしました